新築一戸建てを考えている方必見です!

東京で新築一戸建てを建てるのにかかる費用相場

東京で新築一戸建てを建てるのにかかる費用相場 一般的に新築一戸建ては建てる場合には、土地の費用、建設するための費用、その他手続きをするための費用がかかるとされています。
都内での新築一戸建ては、やはり土地代が高額です。
2019年度の東京都の最新公示地価は、1平方メートルあたり平均109万6455円と非常に高額となっており、全国で第1位となっています。
とはいえ、同じ都内でも地区によって土地の価格は大きな差があり、中央区銀座と新鳥村では、1平方メートルあたり8000万円近くの差があるのです。
土地を購入する場合の不動産取得税、司法書士費用等もかかるため、それについても注意が必要です。
建設費用も東京都は非常に高く、平均は4000万円近く、これもまた土地代と同様全国で第1位となっています。
地区によって費用相場は大きく変わりますが都内に新築一戸建てには、おおよそ平均5500万以上の費用が必要でしょう。
他の都道府県と比べ、1000万円以上の差があるとされています。

敷地がコンパクトな新築一戸建ての選び方とは

敷地がコンパクトな新築一戸建ての選び方とは 交通が便利な都市部の土地は割高なので、販売されている新築一戸建ての多くが30坪未満の敷地に建てられています。
土地面積がコンパクトな物件を選ぶときには、建物の間取りに注目することが重要です。
小さなスペースを有効に生かしている新築一戸建てであれば、面積が通常より狭くても快適に暮らせます。
収納スペースが各部屋にあって使いやすい物件は、特に子供の成長に合わせてマイホームを購入したいと考える人にも最適です。
大都市の狭小地に建築されている新築一戸建ての多くが三階建てであり、ビルトインガレージが完備しているのが一番の特徴です。
したがってコンパクトな敷地でも駐車スペースを確保できるので、自家用車で職場に通勤する人が購入することもよくあります。
建築中の段階からこまめに工事現場を見学すると、施工が丁寧に行われている物件を選ぶことができます。
断熱性に優れている新築物件であれば、入居後は光熱費への支出を減らしながら快適に暮らせます。

新着情報

◎2021/1/6

1000万円の新築一戸建て
の情報を更新しました。

◎2020/9/8

新築一戸建ての相談
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

公園の立地も気になる
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「新築 相場」
に関連するツイート
Twitter